浜松旅行でものづくり体験をしてきました。

粘土遊びのようにワニの形の箸置きを家族の人数分作った

始めに浜松の陶芸の歴史を陶芸家の先生が熱心に教えてくれて、私は楽しかったんですが子供は興味が無かったのか飽きてました。
その後先生の作品を見せてくれて、出来ればあんなのを作りたいなと目標が決まりました。
私は夫婦で飲む湯呑が作りたかったので、ろくろの上に粘土をのせてからろくろをゆっくりと回して、優しく指を当てて作り始めました。
先生のやっている通りに真似てやりましたが、力加減が難しくて薄くする過程で歪んで何度も失敗してはやり直しました。
5回目にやっと湯呑のような形に作れましたが、先生の見本とは程遠い出来で難しさを実感しました。
子供はろくろを使わずに、簡単な箸置きを作っていて、粘土遊びのようにワニの形の箸置きを家族の人数分作ってました。
湯呑と箸置きが出来たら、教室はそこで終了で後日出来上がった物が送られて来る事になりました。
東京の自宅に帰ってから5日後に出来上がった作品が送られてきて、親子でその出来栄えに満足しました。

良かったら見に来てね(^^)♪

⭐️委託販売⭐️
💖欧風和楽 藤枝店 様
💖清水 ドリプラ2F Craft Market 様

⭐️8月出店予定⭐️
💖🔅本日🔅静岡市護国神社
💖8/11(土)12(日) 10:00~15:30アース・エコ・フェア浜松城公園
💖8/18(土)19(日) 10:00~17:00ものづくり サマーフェスタ磐田市新造形創造館 pic.twitter.com/ozrFDNx0mX

— みぃ (@n_m_r_t) 2018年8月4日

浜松でガラス工芸とオルゴールと陶芸体験親子でガラス工房を満喫できました粘土遊びのようにワニの形の箸置きを家族の人数分作った

浜松 ものづくりはままつペダルホームページ